ご自宅で、不用となっている家電製品はございませんでしょうか。処分をしたいと考えているものの、面倒でそのままにしているという方も多いのではないでしょうか。そんな時にはぜひ当社にご連絡をください。当社は、不用品回収を専門に行っているリサイクル専門の業者です。当社にご用命いただければ、基本的に出張の形式でお客様ご指定の場所まで当社専門スタッフがトラックで伺い、引き取り作業に当たらせていただきます。そのため、お客様にご足労いただくことは全くありません。当社が自信を持ってお客様に提示できることとしては、他の同業他社では実現できないような高額の買取価格を提示させていただいている点です。当社独自の豊富なネットワークを生かして、最適なリサイクルルートを作り上げ、処分コストを最大限に抑えたリサイクルを実現できるよう常に努力をしております。その結果を客様に提示する料金に反映させていただいているので、きっとご満足いただける料金になると自負しております。

大量の家電も安心してお任せいただける専門店です


引っ越しを機にいろいろな家電を新しくするのは楽しいものです。しかし、今まで使っていた物をどうするかということで憂鬱になってしまった方はいらっしゃいませんか。使わなくなった品物を粗大ごみとして市の指定する方法で処分するには、手数料も必要ですし言われた場所まで運び込む手間もあります。軽い物であれば個人で搬入できても、大きい物や重い物、たくさんの不用品では運ぶのも大変ですし往来の激しい所では危険でもあります。大きな物や重い物、たくさんの家電が不用品となり困っている場合はぜひ当社にお声をかけてください。当社は府内全域で引っ越し時などに出る大量の不用品も回収している専門店でございます。当社では、ただ単にいらなくなった物を器械的に回収するのではなくお客様とのコミュニケーションも大切にしています。スタッフの教育にも力を入れ、接客マナーを備えたベテランスタッフが訪問査定・回収していますので安心してお任せいただける会社です。クオリティの高いサービスに加え、当社ではお客様の安心のために料金を明確に設定しています。事前に丁寧な見積りをしていますので、作業後に追加料金が発生するなどのトラブルはございません。大量の家電製品でお困りなら、まずは当社までメールやフリーダイヤルでご相談くださいませ。

電化製品の買い替えで不用になった電化製品の処分にお困りの時には当社に


電化製品の技術の進歩は目覚ましく、次から次へと魅力的な機能のある電化製品が開発されています。その為、今の生活の利便性を考えると新しい電化製品がほしくなります。新しい電化製品を購入すると、悩むのが古い電化製品の処分です。電化製品の種類によっては家電リサイクル法の対象になる場合もあり、その処分方法が面倒です。また、リサイクル料金を支払わなければいけないので、まだ使用できる電化製品はもったいなく感じます。このように、電化製品の処分に悩まれている時には当社にご相談ください。当社は家電リサイクル法の対象家電の冷蔵庫や洗濯機、テレビなども回収し処分いたします。適切に処分いたしますので、安心してお任せ下さい。また、再販可能な電化製品は買取りをいたします。今まで買取ってきた電化製品は炊飯器や掃除機のような小型の電化製品も対象です。自治体の粗大ごみで処分する前に当社にご相談ください。当社は電話やインターネットで無料見積をお受けしておりますのでご利用ください。


スタッフBlog


大阪市内全域

都島区┃福島区┃此花区┃西区┃港区┃大正区┃天王寺区┃浪速区┃西淀川区┃東淀川区┃東成区┃生野区┃旭区┃城東区┃阿倍野区┃住吉区┃西成区┃淀川区┃鶴見区┃住之江区┃平野区┃北区┃中央区

大阪市府下全域

堺市┃岸和田市┃豊中市┃池田市┃吹田市┃泉大津市┃高槻市┃貝塚市┃守口市┃枚方市┃茨木市┃八尾市┃泉佐野市┃富田林市┃寝屋川市┃河内長野市┃松原市┃大東市┃和泉市┃箕面市┃柏原市┃羽曳野市┃門真市┃摂津市┃高石市┃藤井寺市┃東大阪市┃泉南市┃四條畷市┃交野市


不用品回収専門スタッフが「ゴミ屋敷の片付け」「引越しゴミの処分」「粗大ごみ回収」「遺品整理」「特殊清掃」まで幅広く承ります。店舗や事務所などの産業廃棄物収取運搬や産業廃棄物処分のご相談も随時承ります。不用品処分でお困りの際はリサイクルのプロの不用品回収サービスをご活用ください。


家電・家具・事務機器・厨房機器をはじめ様々な不用品の回収を大阪府全域で承ります。引越しゴミはもちろん粗大ごみや遺品整理の際に出る家財道具一式など部屋一室から一軒家丸ごとまで秘密厳守でお客様の不用品のお悩みを解決致します。

*
*
*
*

生前整理・遺品整理もお任せ!

*

故人の遺品整理をはじめ生前整理のお手伝いを大阪府で承ります。家電・家具をはじめ家財一式の回収処分を承ります。

新着情報

ページ上部へ戻る